白バック素材に仕上げるのも楽 最新キヤノンDPPでRAW現像完全ガイド

白バック素材に仕上げるのも楽 最新キヤノンDPPでRAW現像完全ガイド

写真が一つ上のランクになる本 最新キヤノンDPPでRAW現像完全ガイド

キャノンの写真生データーRAWでの撮影 このRAWデーターを最初に調整

する これをどういじるか 特に 絞りすぎによる ピントがずれたような

「眠い画になる」光の回り込みによる現象 レンズ毎に異なる特性による

 

色にじみ等など 本体内部でも 補正してくれるのは 機種やレンズの

組合せによるので、

自分で補正が必要なことも

私は、一発撮影 それっきり! あたかも自慢のようですが いえいえ

一味 加えるのじゃなくても デジタルカメラの この見えたままに するのに

デジタル現像で一手間加えるのが 本来の販売作品の姿だったりします。

写真は Amazon 文字リンクは 楽天ブックス 書店にもあり

左のほうが 個人的には お勧め

久々の 新機能搭載の DPP 初心者の救世主になるかも という

初級の私の お勧め本です

 

 

最新キヤノン Digital Photo ProfessionalでRAW現像完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK)

新品価格
¥2,100から
(2012/9/23 17:45時点)

最新版キヤノンDPP RAW現像がよくわかる! (学研カメラムック)

新品価格
¥1,995から
(2012/9/23 17:48時点)

最新キヤノンDPPでRAW現像完全ガイド

 

 

キヤノンDPP RAW現像がよくわかる!

 

 

自分の カメラの レンズの シーン毎の 特性などなど よく知り

補正して こそ 売り物 ってこともあります。

初めての人ほど なんだ みんな 撮影後にこれやってたんだ!

と感激 発見する 場面も

 

圧縮形式JPEG で いじりまわって 保存するたびに 劣化を繰り返す

ヒドイ 写真とは 違い

レッタッチに移る前に レンズの誇りの位置を 記憶させて 自動消去

させたり。

フィルム時代には 1コマ送られる度に 受光 感光部分が 新しくなって

いた頃より ゴミが残りやすい

デジカメだからこそ 一眼レフという レンズ交換の度に 外気にさらされる危険

をはらんだ センサーの汚れ

 

レンズの歪など だけでなく 人物の柔らかい 表現

お客様が 余計なことをするな というのではなく

このぐらい やっとけよな という 補正はあるもの

 

しかも 失敗したな;; という 飛び潰れなども ある程度 救われることも

このDPPを知るのは 初心者には 一つ腕が上がる 大切な 技術です。